危険な場所のDXを強力にサポートする防爆三兄弟【モバイルターミナル・セキュリティカメラ・ガス検知器】

alt_text
危険な現場でもDX(デジタルトランスフォーメーション)の導入が求められております。
今回は危険な現場の安全性を高め、DXを強力にサポートする本質安全防爆認定 モバイルコンピュータとセキュリティカメラ、そして、ガス検知器をご紹介させていただきます。

alt_text
Dolphin™ CT60NIは、爆発や発火の危険性が有る可燃性ガスや液体を取り扱う現場向けに設計された日本初のAndroid OS搭載の本質安全防爆構造モバイルコンピュータです。
国内防爆検定、国際標準防爆規格(IECEx)及び欧州防爆規格(ATEX)を取得しました。
CT60NIは、Honeywell・Google・Qualcommの3社開発による新プラットフォーム Mobility Edge™を搭載しています。

alt_text
防爆カメラHEICC-2736-WIは、優れた1080P高解像度・True Day/Night機能・赤外線ライトを備えた防爆バレットカメラです。
高い基本性能に加え、国際防爆機器規格ATEXおよびIP68防水規格に準拠し、石油化学系工場・石油精製所・LNG施設などの爆発性の雰囲気において安全に設置することが可能です。

alt_text
世界最小クラスの本質安全防爆構造のVOC(揮発性有機化合物)モニターです。ハネウェルの次世代型PIDセンサーを搭載し、300種類以上のVOCガスを迅速に検出し正確に測定します。内蔵ライブラリーに収められた190種類のVOCガスライブラリにより、ユーザーが指定したVOCガス濃度を自動的に表示します。職場のリスクアセスメントや作業者の健康管理に最適です。

防爆機器がよく使われている場所

・油精製所、掘削施設、処理プラント
・化学処理プラント
・ガスのパイプラインおよび供給施設
・航空機の給油施設および格納庫
・印刷産業
・塗装工程や塗装替補修の現場

alt_text

関連商品

CATEGORYカテゴリー別・製品情報

SOLUTIONソリューション別・製品情報