ハネウェル、2035年までにカーボンニュートラルを実現

ダリウス・アダムチック(会長兼CEO)

ハネウェルは、すべての事業部門・施設に於いてカーボンニュートラルの2035年までの実現を目指すことを発表します。わたしたち企業は、今の子供たち、さらにその先の未来の子供たちのために、より安全で持続可能な社会を築くという、かけがえのない役割を担っています。だからこそ、今回この取り組みをお伝えできることを非常に喜ばしく思います。

ハネウェルは、これまで20年以上にわたり、サステナビリティへの取り組みを推し進めるため、当社の製造およびサポート部門では、統一したプロセス管理を取り入れてまいりました。その結果、2004年以降当社の事業部門・施設全体で温室効果ガス排出量を90%以上も削減することに成功しています。2019年、ハネウェルは新たに「10-10-10」という名称の5か年計画を掲げました。これは、スコープ1(直接排出)およびスコープ2(間接排出)での温室効果ガス排出量を全世界で2018年のレベルからさらに10%削減する、少なくとも10カ所で再生可能エネルギーを導入する、10施設でエネルギーマネジメントシステムの国際規格であるISO 50001認証を取得する、といった具体的な数値目標となります。

カーボンニュートラルに向けてのハネウェルの取り組みは、これまでお客さまの環境および社会的目標の達成に貢献してきた当社のイノベーションの歴史に支えられています。実際、ハネウェルは、新製品の研究開発費の約半分を、お客さまが環境および社会的目標を達成するための製品開発に割り当てています。これまでの成功例のひとつとして、地球温暖化係数(GMW)を抑えた冷媒・発泡剤・エアゾール・溶剤である当社のSolstice®製品群が広く導入されていることが挙げられます。Solstice ®製品の普及により、これまでに回避できた大気中への二酸化炭素の排出量は、2億トン以上にも上ります。また、ハネウェルは、バイオ燃料を製造するための技術、室内にいる人の安全性・快適性を向上させながら建物全体の省エネを実現するソフトウェア、ビルの環境衛生を改善するためのソリューションを提供しています。

今日こうしてハネウェルの取り組みを発表できるのは、世界中にいる従業員のこれまでの貢献が実を結んだ結果です。幅広い産業分野において、二酸化炭素排出量だけでなく、環境への負荷を減らすために取り組んできた当社のこれまでの活動を大変誇らしく思います。わたしたち一人ひとりが、持続可能な未来を築くための重要な役割を担っています。ハネウェルの先進技術は、従業員の素晴らしい能力に支えられ、今後数十年のうちに世界全体がカーボンニュートラルへ向かうための大きな推進力となるものと信じています。

2035年カーボンニュートラルの実現に向けて
ハネウェルは、今後14年間で、全施設・事業部門におけるカーボンニュートラル達成を目指します。これまでの取り組みによる具体的な成果は以下のとおりです。

(チャート内の英文)
90%削減
2004年から削減した温室効果ガス排出量

最大70%の改善率
エネルギー効率の2004年からの改善率

5700プロジェクト
2010年以降の「持続可能性」プロジェクト数

新製品の研究開発費の約50%
お客さまの環境および社会的目標を達成させるソリューションの開発に充当

最大3000エーカー
広大な土地を、地域の貴重な資産として再生・回復

1億5500万ガロン
2013年以降水不足の地域での節水量

4200万台
Solstice®の普及により低減した環境負荷は、一年あたり約4200万台分の車の撤去に相当

HONEYWELL COMMITS TO CARBON NEUTRALITY
IN ITS OPERATIONS AND FACILITIES BY 2035

DARIUS ADAMCZYK | CHAIRMAN AND CHIEF EXECUTIVE OFFICER

I’m proud to share with you that our company pledged today to become carbon neutral in its operations and facilities by 2035. Companies like Honeywell have a unique role to play in shaping a future that is safer and more sustainable for our children and our grandchildren, and that’s why I am pleased to make this commitment.

Over the past two decades, we have used the same process discipline that we apply to our manufacturing operations and support functions to the management of our sustainability efforts. Since 2004, we have reduced the greenhouse gas intensity of our operations and facilities by more than 90%. In 2019, we set a new five-year “10-10-10” target to reduce global Scope 1 and Scope 2 greenhouse gas emissions intensity by an additional 10% from 2018 levels, deploy at least 10 renewable energy opportunities, and achieve certification to ISO’s 50001 Energy Management Standard at 10 facilities. We are on track to meeting these commitments on schedule by 2024.

companies like Honewell have a unique role to play in shaping a future that is safer and more sustainable for our children and our grandchildren

Our commitment to carbon neutrality builds on our history of innovation to help customers meet their environmental and social goals. In fact, about half of Honeywell’s new product introduction research and development investment is directed toward products that improve environmental and social outcomes for customers. The widespread adoption of our Solstice® line of low-global-warming-potential refrigerants, blowing agents, aerosols, and solvents is an excellent example, having already avoided discharge of the equivalent of more than 200 million metric tons of carbon dioxide to the atmosphere. We also provide process technology to produce biofuels, software that helps building owners conserve energy while improving occupant safety and comfort, and solutions that help improve the health of building environments.

Our ability to make today’s commitment is a direct reflection of the contributions of our global workforce. I hope you share my pride in the work we have done to reduce the environmental impact of a broad range of industries as well as our own carbon footprint. Each of us will play an essential role in building a sustainable future. Our leading technologies, supported by the tremendous capabilities of our employees, will make a substantial difference over the coming decades in helping the entire world drive toward carbon neutrality.

CATEGORYカテゴリー別・製品情報

SOLUTIONソリューション別・製品情報