コロナワクチン接種記録システムVRSの課題解決
ワクチン接種券の読み取りスピード95%UPを実現 !
簡単・瞬時に読取るVRS対応OCR・バーコードリーダーのご案内

コロナワクチンの大規模接種が拡大するなか、ワクチン接種会場ではタブレットでワクチン接種券に記載されているバーコードと18桁の数字を読取るのに、ピントが合わない・数字を誤って読取るなどの課題があがってきています。またはタブレットでの読取りに時間がかかる為、あとで役所に於いて作業を行う自治体もあり、リアルタイムで接種状況を把握出来ないことも課題となってきています。
そこで、日本ハネウェルは Honeywell製バーコードリーダーをVRSに接続し使用することで、タブレットに比べ、ワクチン接種券の読取りスピード95%UPを実現しました。これにより現場の負担を大幅に削減いたします。

誰でも簡単・瞬時にバーコードと18桁の番号を読取ることで、ワクチン接種会場の効率化と日本政府の狙いであるリアルタイム性をサポートして参ります。
世界累計820万台以上出荷されているHoneywellバーコードリーダーXENONシリーズは、すでに国内のさまざまな医療現場・自治体にてご採用いただいております。

VRS・ワクチン接種記録システム向けOCR・バーコードリーダー

CATEGORYカテゴリー別・製品情報

SOLUTIONソリューション別・製品情報