メディア製品物流/㈱ケー・シー メディア製品のサプライチェーンを
統合管理、物流外販事業拡大へ
本社物流センター

工場・製造 物流

委託販売と物流機能整備で成長

㈱ケー・シー(図表1)の名は,今や全国区の知名度をもつグループ企業のDMM.com(以下DMM)の物流を支える会社として認知されることが多い。
なにしろDMMはDVD,CDからファッションまで約5万アイテムの幅広い品揃えでオンラインレンタル,通販,動画配信等の総合エンターテイメントサイトを展開する注目企業。近年開始したFX(外国為替証拠金取引)では2010年のFX業界年間取引高第1位となるなど,インターネット事業をさらに拡張中だ。
だが実は,得意分野に集中してDVDなどのメディア制作・販売事業を展開していたケー・シーが,オンデマンド映像配信システムの拡大に危機感を抱き,新事業として開始したのが,1999 年に設立したDMMのビジネスなのである。
もちろん,現在のDMMのレンタルメディアや通販商品発送などの業務を物流センターで支えるのもケー・シーだ。レンタルサービスの顧客の40%は関東なため,関東地区にも外部委託で物流拠点を置いている。しかし同社のビジネスはそれにとどまっていない。

「ケー・シーの設立は77年で,当初は飲食店やビデオレンタル店などを手がけ,その後卸を通してビデオやDVDなどのメディアを全国の店舗に販売していました」と同社取締役の中西隆彦氏は話す。
「しかし将来の方向性を考えた末,〈委託販売〉方式を導入することにしました。富山の置き薬と同じく,まずは商品を店に置いてもらい,売れた分だけ精算する仕組みとしたんです。これによって事業を順調に拡大してきたのですが…」
問題もあった。元払いで店舗に送付し,売れなかった分の返品は着払いとし,販売店はノーリスクで新鮮な商品を仕入れ,売上を上げることが可能になるから委託販売方式は好評で,販売取り扱い店舗は約4,000店に拡大,ケー・シーの成長を加速できた。その反面,商品在庫と直送での発送業務に返品の受付処理も加わり,物流機能の拡充が新たな課題になってきた。

そこで同社は97 年,物流業務を本格的に開始した。01 年には石川県加賀市美岬町に本社も入る約1,400坪の物流センターを完成。02年,05年,07年と3期にわたる増築工事を経て,敷地面積約3万4,000坪,延床面積約1万2,000坪と石川県で最大級の物流拠点を完成。メディア流通を主対象に最新物流機器を揃え,最先端の物流拠点へと成長させたことで,多様なサービス提供を可能とした。
「物流体制を整えたことが,当社発展の大きな要因になりました。自社商品はもちろん,他のメーカーの物流業務受託も開始しています。全国の販売ネットワークと物流体制を持っているのが強みで,現在これら物流外販事業は売上の半分を越えました」

図表1㈱ケー・シーの会社概要

本社〒922-0551 石川県加賀市美岬町1-1
TEL.0761-75-8850 FAX.0761-75-4001
設立1977年7月1日
資本金3,000万円
年間売上高10,550百万円(2011年7月期)
代表者代表取締役社長 亀山敬司
従業員数471人(2011年7月末現在)
事業内容①DVD,CD,BDなどのDISCメディアのプレス,アッセンブリ業務
②あらゆる商品の在庫保管,及び全国への梱包発送業務,また入荷・返品の検品仕分け等の物流サービス事業
③DVD,CD,BDを中心としたメディアのプレス,アッセンブリ,在庫保管,梱包発送,入荷,返品の検品などの物流サービス全般
④DVD,CD,BDなどのソフトレンタル事業
主要納入先アマゾンジャパン,楽天,TSUTAYA,GEO

代表的な顧客としてはアマゾン,楽天,TSUTAYA,GEOなどのビッグネームも並んでいる。
だが物流だけではない。同社はDVDなどの撮影・制作,ディスクのプレスなど上流の製造工程まで内製化を推進。製造・販売・物流とサプライチェーンをカバーすることで,大きくビジネスを展開中なのだ。限られた分野ながらユニクロなどのSPA,あるいはバリューチェーン統合型のビジネスモデルと言っていい。

「スケールメリットを活かし,台湾や韓国でディスクのプレスも行っています。ケース挿入,シュリンクフィルム掛け/返品のフィルムはがしなどは物流センターで行い,企画の元になる販売データの提供も実施しています。一般の3PL企業とは異なり,あくまでもグループ内の製造・物流ニーズに応える必要があって拡充してきた体制を,外販事業にも展開しているのです」(同)

こうしてケー・シーが体制を整備し,提供可能としたサービス内容を,それを支えるシステムとともに以下,概観していこう。

音声ピッキングで生産性と正確性向上

●ディスクのプレス,アッセンブリ

提携先である台湾等の大手プレス工場においてDVDなどディスクの高品質のプレスを実施。また物流センターに高性能のDVDケーサー(京都製作所社製,自動DVD充填機,【画像:1】)を3基設置し,チラシの挿入も含めた正確かつスピーディなアッセンブリ機能を提供している。

●倉庫・保管業務

約1万坪の広大な物流センター内には,6,000パレット(1,100㎜×1,100㎜)以上を収容可能。正確な在庫管理はもちろん,速やかな入出庫を可能としている。パレットラック+ラックフォーク【画像:2】のほか,6万5,000ケース(縦長の1ケースにはDVDが100本入る)収納の自動倉庫(ダイフク製,【画像:3,4】)により,予めインプットしたデータに基づくタイムスケジュールにより自動で正確な入出庫と在庫管理を実現。同社の取扱品目の95%がDVD,BDなどメディアだが,最近は玩具関係も増えつつあるという。

●ピッキング作業

DVDなどメディア製品のピッキング用に本センターでは2010年7月,音声認識ピッキングシステム(ヴォコレクト製)を導入した。
以前はピッキングリストを見ながらの作業で,正確性・効率とも不十分だった。とくに繁忙期には他の部署から応援を仰ぎ,初めての作業者が携わることが多かったのもその一因。また同社では中国やフィリピンからの研修生や障がい者も雇用しており,誰でも正確に・迅速にできる仕組みを必要としていた。
そこで検討・トライアルの上で導入したのが本システムだ。音声端末15台で誰でもハンズフリー・アイズフリーで作業でき,業務手順の標準化と合わせて正確かつ効率的な作業を行っている。

作業者は頭部にヘッドセット,腰に音声携帯端末を装着し,カートに箱を載せて中央通路を行きながら【画像:5】,音声システムとのやりとりでオーダー番号,タイトルナンバーなどを確認の上,音声が伝える棚間通路のロケーションに入る。
ここで各ロケーションに貼られた「確認番号」(毎日貼り替えて登録するチェックデジット,【画像:6】の左端では41)を作業者が答え,システムが確認することで,応答時間の短縮と正確性を担保している。
そして作業者はピッキングした数量を応答【画像:7,8】,合っていればピープ音が鳴り,カートの箱に入れたら「次」で次作業に進む。

棚間口は商品特性により2~5段で設置され,商品ロケーションはABC分析により週1回更新。作業動線最短化,在庫量調整を実施している。
「いろんな物流センターを見て勉強した結果です」と中西氏は語る。「カートピッキングも考えましたが,新人でもその日からすぐ使える仕組みが欲しかった。ヴォコレクトの音声システムは自分の声を登録することもあって反応は実にしっかりしており,音声もここまできたか,と思って導入を決めました。これにより約26%の生産性向上となる600行/時,450万ピース/月の作業を実現できており,ミスもほとんどなくなりました」
ピッキングミス品は棚に戻して再ピックのムダな作業を生み,これがなくなることでコスト削減にも貢献している。以後の梱包・仕分け・出荷工程を含めた正確性は,現在99.999%レベルを目指して前進中だ。

■画像:1 DVDケーサー ■画像:2 パレットラック+ラックフォーク ■画像:3,4 ケース自動倉庫

■画像:5 カートで移動し所定の棚通路へ ■画像:6 ロケーション状況と確認番号 ■画像:7,8 ピッキングしカートへ

梱包・仕分けにも先端自動化システム

●梱包・仕分け・出荷作業

音声でバッチピックを行った商品は,バラ物自動仕分けシステム・PAS(Piece Assorting System, ホクショー製)で店別に仕分け(【画像:9,10】)。PASはシュート数124,処理能力は6,000個/時で2機を導入。シュート下から梱包ラインを経て,方面別仕分けの上出荷する。
また音声で仕分けた個人向け通販商品については,自動梱包システムを導入し,1日に約10,000件の出荷が可能になっている。自動製函した段ボール箱【画像:11】に商品を自動投入【画像:12】,バーコード読み取りで納品書も自動投入し,自動でテープ貼り梱包【画像:13】とほぼ完璧な自動化ラインになっている。
この時,商品は底面のホットメルトに付着させることで,詰め物なしに梱包できるようにした工夫も光っていた。

■画像:9 PASのインダクション ■画像:10 124シュートが左右に並ぶ
■画像:11 自動製函機 ■画像:12 メディア商品を自動投入 ■画像:13 梱包済み商品はカゴ車へ

 

●返品の入荷検品・仕分け業務

委託販売方式により,店舗への出荷後,一定時期を経ると多品種にわたる返品商品が入荷されてくる。その検品・仕分けが膨大な作業となることから,大型・高速の検品仕分けソーター(つばきメディアソート,椿本チエイン製)を導入した。500シュートで3万2,000枚/時のアイテム別・商品群別自動仕分け能力を誇る【画像:14〜17】。同時に返品データを吸い上げて,確実な商品管理をサポートしている。なお雑誌も扱うが,厚み制限から仕分けはできないので,自動検品のみ行っている。メディア商品の返品は仕分け後,再出荷するため,シュリンク包装をいったんはがす自動機を自社開発した【画像:18】。返品をシュリンク再梱包し速やかに再出荷すれば,メーカーは余分な在庫を生産する必要が減るのだ。
同社がエンジニアリング能力も備えているのは驚きだった。このパワーを発揮し,各工程で人海戦術によっていた作業を次々に自動化する様子が以上でよく分かる。

以上,本センターは24時間稼働・延べ約500人の人員で,メディア品を軸に月間約450万点を出荷している。たまたま取材当日は,北陸で初めてのメガソーラー(大規模太陽光発電装置)を屋根に設置し,本稼働させたところだった。何事にも意欲的なのだ。「メディア物流に強みを持ちながら,さらに他の商材にも対応できる独立の物流事業者として,今後も外販事業をさらに展開していくことが,物流センターの次の課題ですね」と中西氏は話していた。この力量なら,それも可能に違いない。

■画像:14 メディアソートのインダクション ■画像:15 仕分け部本体への移載 ■画像:16 500シュートに自動仕分け
■画像:17 シュート下で箱詰め・梱包 ■画像:18 返品のシュリンク包装自動はがし機