フローズン卸物流/㈱アイスコ 新拠点で音声ソリューション導入
生産性20%向上と作業標準化実現
厚木物流センター

小売・食品 物流

6年間で売上高を3倍以上に拡大

アイスクリーム商業卸大手の㈱アイスコは,この6年間で売上高を3倍強にするという急成長を遂げた(図表1)。06年には87億円だったグループ全体の連結売上高は翌07年には101億円,09年には倍増の188億円,そして12年には269億円と3倍以上に達している。
アイスコの社名はI Care Everybody Company=あらゆる人々に慈しみの心を持って接する企業でありたい,との意と本業であるアイスクリームをかけた。冷凍食品の卸売業をメイン事業としつつ,スーパーマーケット「生鮮館TAIGA」7店舗,精肉の小売「アイオー」11店舗,保険代理店業「御幸」の経営,さらにニュージーランドで個包装クッキー市場70%を占有するクッキーメーカー「クッキータイム」と業務提携を結び13年12月には東京都渋谷区の原宿駅竹下口に第1号店を出店するなど,多角的な事業を展開している。

アイスコは昭和23年,神奈川県横浜市でアイスキャンディーの製造・卸・販売を展開する相原冷菓店として創業。昭和47年には総合アイスクリーム卸に事業を拡大,その後も順調に事業を広げていった。
中核となるアイスクリーム事業では納価を下げるだけではなく,店舗本来の悩みである他の売り場とのレイアウト調整と販促などを一緒に考え,解決策を提供する「店舗レイアウト最適化」サービスがアイスコの流儀だ。
「店舗と当社が互いにノウハウを提供できるようになれば,2倍の条件は出せなくても店舗が2倍売るための知恵を出し合うことが可能になる。信頼関係を構築することが新規開拓につながります」と青木哲也常務取締役は語る。

その一方で,同社が注力するのが新規顧客の獲得だ。開拓専門スタッフが精力的に店舗を積極的に飛び回り,営業スタッフがその後の商談を行うフォーメーションで臨むことで“飛ぶように”契約数は伸び,今年の目標である「新規開拓500店」も,すでに過半数を達成している。
同社の物流拠点は本社のある神奈川県横浜市のほか,千葉物流センター,狭山営業所,富士営業所,名古屋営業所など,首都圏を中心に7拠点体制を敷いていた。だが近年の爆発的な拡大と,首都圏から東海への物流網を最大限に機能させることを目的に,物流改革戦略を策定。最新鋭の設備を備えたマザーデポとして厚木物流センターを新設したもの。
新センター内には研修センターも装備,本年度の新入社員17名はここで研修を実施した。

図表1アイスコの会社概要

代表者代表取締役 相原敏貴
本社神奈川県横浜市泉区新橋町1212
創立1948年(昭和23年)5月
資本金7,500万円
年商グループ合計:292億円(2013年度)
従業員数680名
グループ営業種目アイスクリーム類及び冷凍食品等の卸売,スーパーマーケット,食肉専門店,保険代理店

従来センターの2倍規模で温度管理機能徹底

厚木物流センターは東名高速厚木IC至近に位置し,担当地域は東京西部地域,神奈川,静岡を網羅。厚木は圏央道が神奈川まで開通したことで,物流拠点のロケーションとして注目を集めるエリアである。従来最大規模だった千葉物流センター(千葉県船橋市)の約2倍となる敷地面積4,826㎡,延床面積2,998㎡,2階建ての新築物件には1,200パレットが保管可能で,うち800パレットはスペース効率の高い移動ラックで保管する【画像:1、2】。扱い単位となるケースでみると,センター全体の保管量は4万5,000ケース。1日の出荷は平均8,000ケース前後で,これが夏前の繁忙期には1万5,000ケースにも跳ね上がる。専門である温度管理機能は,−28℃に維持する冷凍庫のほか,荷捌きスペース【画像:2】は−10℃の2階層で構成。庫内の温度変化を抑制し霜取りを削減する冷却システム,停電時でも入出荷業務や仕分け作業が可能にする非常用自家発電設備まで徹底。屋上には設備能力108kwの太陽光パネルも設置し,安全で高度な品質管理を実現するセンターになった。

仕分け作業には,フリーロケーションでカゴ車を活用するデジタルアソートシステムを採用している【画像:4、5】。またセンター内随所に監視カメラ15台を設置,事務所モニターで管理可能としセキュリティも強化した【画像:6、7】。

■画像:1 パレット保管エリア、奥が移動ラック ■画像:2 荷捌き場
■画像:4・5 デジタルアソートシステム
■画像:6 監視カメラ ■画像:7 事務所に設置されたモニター

音声システムで入荷検品、賞味期限管理を効率化

加えて新センター現場運営のカギを握る仕組みが,ヴォコレクトの音声物流ソリューション「Vocollect Voice」だ。入出荷検品,賞味期限管理,棚入れ,棚移動,一次出庫,棚卸作業まで幅広い作業を効率的に支援し,徹底した日付管理のもと高品質の冷凍食品の先入れ・先出しを実現している。
同社の庫内作業は全て社員が行っている。アイスクリームは季節波動が大きく,多数メーカーの多彩な商材を取り扱うことから,高い商品知識が要求されていたからだ。「しかし拡大を続ける物量へ対応しつつ,新規に増員した作業スタッフの作業標準化と習熟期間の短縮化が,大きな課題になっていました」と青木常務はシステム導入の背景を語る。
冷凍庫内の作業を標準化し,作業の安定化と生産性向上を図ることにより,物流品質の高度化を実現したい。同社はそのための有効なツールがないかと探していたが,その過程で物流システム機器メーカーである㈱岡村製作所から音声ソリューションの提案が届いた。

以前から音声ソリューションに興味を持っていた青木常務は,生産性向上と食の安全への対応を両立できる提案として検討を開始。既に稼働中の現場の見学やヒヤリングを経て手応えを実感し,音声システムの採用を決定,6台のヘッドセットを導入した。
音声システムを適用した各種業務には従来,紙のリストを使用していた。−28℃の倉庫は過酷な現場だ。作業スタッフは防寒着を着用しているとはいえ,フォークリフトで指定ロケーションまで移動後,リストと品数のチェックを繰り返しながらの入出庫作業の負担は常温倉庫の比ではない。

 

■画像:8 音声端末を装着した冷凍庫内のオペレーター ■画像:9,10 出荷検品後の棚入れ作業、日付管理も実施する ■画像:11 事務所に設置された音声ソリューション用サーバー

音声によるやりとりでロケーションや数量,作業手順などがきめ細かく指示される。今回の提案で岡村製作所が強くアピールした,①両手を使ってケースを運べる「ハンズ・フリー」,②リストや端末を目視する必要のない「アイズ・フリー」の作業ができること,③フォークリフトで乗車中にでも安全な作業ができる─の3点は全て実現した。
作業を見ていてもスピーディで間違いがない。写真のオペレータ・伊藤さんによると1パレットのケース単位の入荷検品から棚入までの作業に従来20〜30分要していたのが,音声導入後は5〜10分で完了できるようになったという【画像:8、9、10】。
「導入から2か月の段階で,すでに作業生産性は少なくとも20%以上は向上しています」と青木常務は音声システム導入の効果を評価する。

音声ソリューションの効果が生まれたのは,庫内だけではなかった。入荷検品した商品はこれまで庫内担当スタッフが,入荷完了伝票をもとに事務所で入力作業を行ってきたが,音声でPCへの直接登録が可能になったことで,作業が不要になったのだ。
従来,担当社員はメーカーを複数社受け持つため,入力作業量も多く,数字入力のミスは少なくなかった。現場のスタッフは「音声ソリューション導入が作業環境の改善,仕事へのモチベーション向上にもつながった」と笑顔で話していた。

音声のコンピュータシステムによる作業の標準化は,作業の平準化,そして作業の容易性にもつながる。「これにより新人でも早期にベテラン作業員同様の作業に従事できるようになりました。新規増員スタッフの習熟期間の短縮化が実現できたわけで,物量増大への対応という目的も達成できました」と青木常務は話していた。

アイスコでは2019年に「グループ売上高500億円達成」を目指している。その戦略の核となるのが,物流力を活かした事業拡大である。
規模を拡大した新センターには大型トラックによる工場直送納品も可能で,今後も倉庫機能を拡充する計画だ。合わせて同社では今後,他のセンターにも音声ソリューションの横展開を検討する予定。さらなる物流力の向上で,計画達成に王手をかけようとしているのだ。