HONEYWELL VOICE

TOPICS

物流量が拡大する物流センターで生産性と収益性を上げるには ?

従来の紙や画面による作業を音声業務に置き換え作業時間を短縮!
アイズフリー・ハンズフリーで生産性と安全性を向上

作業員は、入出荷、ピッキングなど、リーダ、デバイス、チェックリストなど、マルチタスクを抱える作業員たちは、着手すべき作業に集中できず、そのため必要な確認作業がおろそかになり、作業ミスへと繋がるケースが多々あります。また、注意が散漫になりやすい環境では、事故の発生リスクが高まります。ハネウェルボイスは、作業員が作業指示を”耳で聞きながら”、対象の棚や商品等を”見て”確認し、その確認結果を”話す”ことで作業者の言葉をシステムが理解し、作業が進みます。また、その結果がデータとして蓄積されます。それにより、紙や機器といった手を使う道具から解放され(ハンズフリー)、目の前の作業に集中できます。又、紙を見て、棚を見て、商品を見てといった目線の切替がなくなることで(アイズフリー)、目の前の作業に集中でき、見間違いや錯誤といった作業上のミスも減少します。ハンズフリー・アイズフリーを実現することで、作業員の安全性と生産性を向上させます。

リアルタイムで在庫記録などをアップデート
データ分析と収集で物流センターの業務改善が可能に

音声指示作業はホストシステムと接続され、リアルタイムで在庫記録などがアップデートされていきます。現場とホストシステムの統合により、正確なデータ収集と分析が可能になり、チームの生産性向上と業務の最適化を実現します。リアルタイムのモニタリングは、継続的な業務改善を可能にします。データ分析を行うことで、現場の課題を見える化し、課題に合わせた対応を導き出します。音声ガイダンスは作業員を必要な場所へと誘導し、各種対応デバイスにより騒がしい環境でも作業性を失いません。物流センター内のさまざまなワークフローを記録し、作業員に効率的な作業を導くと共に、コンプライアンスを徹底します。

作業員の作業効率を向上し、人手不足を解消
生産性向上により、収益性アップをサポート

人手不足が深刻な物流センターでは、高い労働力の確保は1つのライフラインです。ハネウェルボイスのハンズフリー・アイズフリーソリューションは、新人でも短時間のトレーニングで作業が開始出来るだけでなく、作業ミスを起こさない仕組みが取り込まれ、立ち止まる・リストを目で確認する等の動作が不要になる為、従来の作業方式に比べて格段ミスが無くなり生産性が向上します。その結果、作業員1人当たりの業務対応量は増加し、高度な事業運営を実現します。